人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング

あそこの黒ずみ対策に!デリケートゾーン専用美白クリームランキング

VIOの処理が一般的な海外では、デリケートゾーンの黒ずみを気にする人が多く、ケア商品を使うのも当たり前。
全然恥ずかしいことじゃない!大事なときのために、思わず触れたくなるような肌を手に入れよう。

【編集部が厳選したおすすめデリケートゾーン専用美白クリームはこれ!】

デリケートゾーンの黒ずみが気になる…私のアソコは異常?

デリケートゾーンの色が黒っぽい…そんな悩みを抱えている女性は、意外と多いってご存知でしたか?

よく、アソコが黒いのは

  • 遊んでいるから
  • 自慰行為をしているから

なんて言われますが、これは真っ赤な嘘。

実は、デリケートゾーンの皮膚はとても薄いんです。 その薄さは、くすみや小ジワができやすいまぶたの皮膚以上。

顔の皮膚と比べて下着で擦れたり蒸れたりするデリケートゾーンは、常に刺激にさらされています。 そのため、他の肌と比べるととても黒ずみができやすいんです。

「デリケートゾーンの黒ずみはおかしなことじゃないのね!よかった!でも…」

できてしまった黒ずみはなんとかしたい!!

デリケートゾーンの美白にはどういった方法があるのでしょうか?

デリケートゾーン専用の美白クリーム おすすめランキング

敏感なデリケートゾーンの肌に使える人気美白クリームをさらに厳しく選びました!
ランキング1位

イビサクリーム

イビサクリーム画像
  • デリケートゾーンの黒ずみ専用に作られた人気ナンバーワン美白クリーム
  • 厚生省が認める美白成分「トラネキサム酸」を配合
  • 定期コース1ヵ月4,970円(税抜)、さらに量も多めでコスパ◎
ポイント

イビサクリームはブラジリアンワックス専門店が開発した美白クリーム
脱毛後のデリケートゾーンは目立つため、美白とうるおいで効果的に黒ずみを除去します。
他人気商品と比べ、成分は劣らないのに低コストで使えるのが1位の理由!

人気ナンバー1美白クリーム 詳細はこちら

ランキング2位

ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイト画像
  • 美白有効成分はトラネキサム酸。リポソーム化によって肌に浸透しやすい形に。
  • エステサロンでも販売される、プロが認めた美白クリーム
  • キャンペーン中は毎月先着制だけど、1ヵ月5,960円(税抜)で定期コースが購入可能
ポイント

有効成分を超低分子化(シポソーム化)することで、必要な部分に必要な成分が届く作りになっているのがヴィエルホワイトの特徴です。
クリームというよりは美容液系のテクスチャーなので、さらっと使いたい人にもおすすめ。

プロも認める美白クリーム 詳細はこちら

ランキング1位

ホワイトラグジュアリー

ホワイトラグジュアリー画像
  • 美白成分が7種類も配合
  • 美容成分が9種類配合
  • バストトップの色が気になる人にも人気
  • 定期コースなら1ヵ月5,980円(税込)、通常より4,000円お得!
ポイント

ビタミンCやヒアルロン酸、プラセンタなど、美白と美容に有効な成分が全部で16種類も入っています。
乳首の色を淡くするためのクリームとしても人気!
ただし、定期コースであっても5,980円したりとややお高い印象。

美容・美白成分たっぷり 詳細はこちら

おすすめは1位のイビサクリーム!

しかし、デリケートな部位なだけに、人気なだけでなく本当に自分に合った美白クリームを選びたいですよね?
それにはまず、なぜデリケートゾーンに黒ずみができてしまったのか、その原因を知ることが大切です!

下着やムダ毛処理…陰部の黒ずみの原因は「刺激」だった!

そもそも、陰部の黒ずみの正体って何かご存知ですか?
実は、意外な毎日の習慣によって簡単に黒ずみが生まれてしまうんです。

女性の性器の黒ずみは「メラニン色素」

そもそも、黒ずみの正体は何かと言うと、日焼けやシミと同じ「メラニン色素」。
皮膚を作る細胞のひとつメラノサイトが、肌になんらかの「刺激」を受けたとき、肌を守るために作りだすものです。

メラニン色素が肌を黒くする様子

皮膚にメラニン色素が発生する「刺激」とは?

メラニン色素を生成する刺激は、日常にたくさん潜んでいます。
生活習慣だけでなく体内からくる原因もあります。

◆ 生活習慣によるもの◆

・下着やデニムなど服による摩擦

・間違ったアンダーヘア処理

・VIO脱毛後のスキンケア不足

・質の悪いトイレットペーパー、生理用ナプキンの使用

・デリケートゾーンの老廃物の蓄積

・性交渉による摩擦

◆ 体の内側からくるもの ◆

・加齢によってターンオーバーのサイクルが乱れ、メラニン色素が排出されない

・生理、妊娠などでホルモンバランスが崩れ、メラニン細胞の働きが活発化する

こうした原因で、女性の大切なデリケートゾーンはとても黒ずみやすい部分なんです。
黒ずみを解消し、作らないようにするには、どんなスキンケアが必要なのでしょうか?

ここが大切!デリケートゾーンの黒ずみを消すには?

毎日の当たり前の習慣の中で生まれてしまった黒ずみ…それらを消すためには具体的に何が必要なのでしょうか?

メラノサイトの働きを抑え、黒ずみを作らない!

メラニン色素を生み出す細胞「メラノサイト」の働きを抑制することで、黒ずみを取り去ることができます。

方法は主に2つで、1つはメラノサイトがメラニン色素を生み出すきっかけになるチロシナーゼという酵素をブロックします。
もうひとつはメラニンを生み出す情報を伝達する物質「エンドセリン」をカットして遮断する方法です。

ターンオーバーを改善して黒ずんだ肌を脱ぎ捨てよう!

メラノサイトの働きが抑制されても、皮膚の細胞が生まれ変わらなければ黒ずんだ肌が白くなることはありません。
肌の生まれ変わり(ターンオーバー)をスムーズにして、メラニン色素を排出させることが大切です。

最終手段は美容皮膚科でのレーザー治療

もっとも効果が確実な方法は、美容皮膚科・美容外科のレーザー治療。
肌のターンオーバーを待つ必要がないため、その他の方法より即効性が期待できます。

ただし、医師であっても他人に見られるのは避けたい、デリケートな部分に強いレーザーを当てるのは怖いなどの理由で、人気が高い方法ではありません…。

頑固なデリケートゾーンの黒ずみに!皮膚科のレーザー治療がおすすめ

肌の黒ずみを解消する方法が明らかになってきましたね!
それでは、この解消方法を踏まえて、デリケートゾーン専用美白クリームランキングの3商品をチェックしてみましょう!
あなたに本当に必要な美白クリームはどれ!?

デリケートゾーン専用美白クリーム 人気3商品を徹底比較してみた

商品名 イビサクリーム

公式サイト
ヴィエルホワイト

公式サイト
ホワイトラグジュアリー

公式サイト
通常価格 7,000円(税別) 9,960円(税別) 9,980円(税込)
キャンペーン内容 定期コース申し込みで1本4,970円
最低2ヶ月の継続必須
定期コース申し込みで初月4,980円
その後は5,960円
最低3ヶ月の継続必須
定期コース申し込みで5,980円
ずっと最安価格
最低3回の継続必須
内容量 35g 30ml
(約1カ月分)
25ml
(約1カ月分)
美白成分 トラネキサム酸、オウゴンエキス トラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解液 3種のビタミンC、ほか植物性成分
注目Point 通常価格もキャンペーン価格も安い上に内容量は最大!コスパよし! リポソーム化によって美白成分が肌の奥まで浸透します。 生・水溶性・油溶性の3種類のビタミンCが肌の奥まで届いてメラニン色素を抑制。
自分に合った特徴の商品を!

いずれも人気商品だけあって、基本的なスペックは似た印象です。
しかし、よく見るとそれぞれ個性があります。

やはり、1位のイビサクリーム 信頼のおける美白成分を配合しながら、コスパが抜きん出ています。

ヴィエルホワイト 肌への浸透が高いのが嬉しいところ。

ホワイトラグジュアリー 一番値が張りますが、美白成分として名の知れたビタミンCが工夫されているのは注目です。

薬局で買える美白クリームは効かないの?

わざわざ通販で購入しなくても、近くのドラッグストアや最寄りのデパートで購入できたら一番ラクですよね?
市販の人気ボディ用美白クリームがデリケートゾーンに使用できるかどうか調べてみました。

ニベア リフレッシュプラス ホワイトニング ボディミルク
アルビオン ジュイール ホワイトニングボディミルク
ビーグレン Qusomeホワイトクリーム1.9
価格
オープン価格 300g
6,000円(税抜)
15g
6,000円(税抜)
美白成分
Lアスコルピン酸2-グルコシド Lアスコルピン酸2-グルコシド ハイドロキノン
使い心地
名前のとおり、フレッシュな柑橘系の香りのクリーム。 美白成分はビタミンC誘導体で、美白効果は穏やか。 ローズやジャスミンなどのフローラル系の香り。さっぱりめの使い心地。 本来は顔用で内容量も少量。デリケートゾーンに使うのはためらえる…。
結論
さっぱり使えて安価なのが◎。でも、パラベン(防腐剤)配合で、粘膜部分は使用しないほうが。 防腐剤メチルパラベンほか、合成界面活性剤、シリコン等配合。デリケートゾーンには不向きかも。 美白成分が強すぎてデリケートゾーンには不向き…。

どれもボディまたは顔用の美白クリームとして人気の高い商品。
しかし、Vラインなどには使用できても、黒ずみがちなデリケートゾーンや粘膜部分に使用することを考えると、刺激が強すぎる成分が入っているものがほとんどです。

また、デリケートゾーンに使用するには、香りがついているものはムレて悪臭に変わる可能性もあります。

話題の成分「ハイドロキノン」入りクリームはどうなの?

美容に詳しい人なら、美白と聞いたら「ハイドロキノン」という成分を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

ハイドロキノンって何?

ハイドロキノンはイチゴやコーヒーなどに含まれる植物性の天然成分で、美容皮膚科でのシミ治療薬として注目を集めています。

黒ずみのもとのメラニン色素の生成をさまたげる上に、メラニン色素を作り出しているメラノサイトを減少させる働きもあります。
つまり、できているシミ、これからできるシミ、両方に効果がある美容成分です。

ただし!!
これだけ効果のあるハイドロキノン、実は肌への刺激も強いんです!!

赤くはれた、ヒリヒリした、かゆくなった…など、ダメージをうったえる声も少なくありません。

デリケートゾーンは先に触れたように、皮膚が非常に薄く、粘膜もある部分。
強い刺激のある成分が粘膜に触れて合わなかった場合、大きなダメージになる可能性も。
どうしても使ってみたい場合は、医師に相談するなど、専門家の意見を聞いてからが良いでしょう。

やはり、今すぐデリケートゾーンに安心して使える美白クリームは「デリケートゾーン専用」だと言えますね!

◆◆ イビサクリームがランキング1位になるワケ ◆◆

効果が確かな美白成分が配合されている

注目の成分①トラネキサム酸

厚生省が認めている美白成分がこのトラネキサム酸で、多くの有名美白化粧品に配合されています。

メラノサイトがメラニン色素を肌の表面に浮かび上がらせる「樹枝状突起形成」をおさえる働きがあり、メラニン色素が表面化しづらい肌を作ります。

注目の成分②グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは抗炎症作用がある成分で、皮膚や体内の炎症に広く使われています。

デリケートゾーンの黒ずみは、雑菌の繁殖や蒸れをきっかけに皮膚が炎症を起こし、色素沈着してしまうケースもあります。

また、服や下着の摩擦など、小さなダメージによる炎症も蓄積すると黒ずみのもとに。
デリケートゾーンの美白には欠かせない効能のひとつです。

人気商品中ナンバーワンのコスパ

デリケートゾーンの黒ずみが気になるアラサー独身編集部員Mのイビサクリーム体験記

はじめまして!
「アソコが黒い」でおなじみ、31歳独身6年間カレシなし編集部員Mです!(ドMのMではありません!)(涙)

今年の夏に女友達と海外旅行に行く約束をしたのをきっかけに、自分のデリケートゾーンをまじまじと見てみたら……。

え?すんごい黒いんですけど?

こんなんじゃ水着を着てもアソコが黒いのバレバレ!
彼氏になんか絶っ対に見せられない!(いないけど!)

なんとしてでも乙女のような白いアソコを手に入れたい!

そこで私は、デリケートゾーンの黒ずみを白くするなら「イビサクリーム」が効くという話を聞きつけ、約2ヶ月間試してみました!

イビサクリーム到着!

公式サイトで見た印象よりも大きいかも。(フタがムダに長い……。)
デリケートゾーンなんて小さなパーツだし、これなら1ヵ月以上もちそう。

香りはほとんどしないです。
アソコにつけるもので匂いつきってちょっとヤダなーって思っていたので嬉しいポイントです。

早速イビサクリームを使ってみた!

使い方をチェックすると、朝晩に塗るだけとあります。

いやー……そうは言ったって、汚れた状態では肌に浸透するものも浸透しませんよね。

私は夜まで待ってお風呂でアソコをキレイにしてから、万全の態勢で塗りました!
(結構すごい恰好ですよ……部屋に誰も入ってこないことを確認して!)

粘膜の部分を避けて、黒ずみが気になるところに塗りこみます。
ひんやりして気持ち良いかも。

結構重めのテクスチャーだと思っていましたが、塗り込むうちにサラサラになりました!

正直、いくら専用商品と言っても、アソコにクリームを塗るなんて、ぐちょぐちょして気持ち悪いんじゃないかなーって心配だったんですけど、全然そんなことないです!

意外に使いやすいかも!
ピュアなアソコを手に入れるためなら、多少の我慢も仕方なし!なんて思っていたんですけど、これならストレスなく使えそうです!

イビサクリーム3日目 肌質が違う!

イビサクリームを塗り始めて3日目、たった3日で、とりあえず「ちがい」だけは感じられました。

それまで何もしなかったんだから、保湿したらその分肌の調子が良いのは当たり前なんですけど…でも触り心地が違うんです!

それまで、太い毛を毛抜きで抜いたりして毛穴が炎症したり、パンツのあとがかゆくてかいて乾燥し気味だった肌が、しっとりなめらかになったような!

イビサクリーム2週間目 透明感が出てきたかも

アラサーだからわかること。
肌ってコンディションが悪いと、くすんで暗く見えるんです…。

イビサクリームを塗り続けて2週間。
私のアソコ、くすみ感がなくなって透明感が出てきたかも!

明確に色が白く……というわけじゃないんです。
でも、明らかに肌色がきれいになっている感じ!

さらに、実はデリケートゾーンだけじゃなくて、乳首やお尻の下の黒ずみにも使っている私。
この頃になると、デリケートゾーン以外の部分も変わってきた実感が!
塗っている部分の肌がみずみずしくなって、「誰か見て!」て感じ。(見せる人いない)

イビサクリーム1ヶ月目 だんだん白くなってきた!

使い続けて1ヵ月の頃……私の黒ずみまくったアソコ、なんと白くなってきたんです!!
信じられない!
6年間彼氏なしの、放置されまくった私のアソコが、イビサクリームによって息を吹き返しました!

公式サイトでは効果が実感できるまでに4ヶ月程度かかる人も……と書かれていたのでもうちょっと覚悟していたんですけど、1本目で実感できるなんてラッキー♪

この調子なら、今までためらってたVIO脱毛もチャレンジしちゃおうかなー、なんて♪
見せる人いないけど!!(しつこい)

イビサクリーム2本目!

結局、イビサクリームを1本使い切るまでに1ヵ月と1週間くらいかかりました。
他のパーツにも使った結果減りが速くなったけど、なんとなく乳首の色も薄くなってきたような……♪

すごいよイビサクリーム!すごいよトラネキサム酸!!

そして現在、イビサクリームを使い続けて2ヶ月目。
以前は水着のビキニが恐怖だったけど、今ならアソコが黒いなんて絶対に思われません!

まだデリケートゾーンの色は変化を続けているし、もう少し使い続けてどこまでキレイになるのか見守っていきます♪

色も気になるけどニオイも…両方ケアするなら「専用石鹸」が一番!

デリケートゾーンに関するよくある悩みは、黒ずみだけではありません。
実は、ニオイも気になっている…という人も少なくないのでは?

毎日お風呂で洗っているのに、しばらくするとニオイが気になってくる…という方は、洗い方に問題があるのかもしれません。

あそこのニオイ対策には専用石鹸がおすすめ

デリケートゾーンの黒ずみやニオイを気にして、ボディソープをつけたナイロンタオルでごしごし洗う…なんてことはありませんか?

膣内は自浄作用があり、石鹸で内部まで洗う必要はありません。
洗いすぎてしまうと、かえって膣からの分泌液が増えてしまい、デリケートゾーンが蒸れ、ニオイの元になる雑菌が繁殖する原因になります。

もちろん、膣の外側、ひだの部分(小陰唇のあたり)には自浄作用がないので、優しく洗うことは大切。

デリケートゾーンの自浄作用を壊さず優しく洗い上げるには、デリケートゾーン専用の石鹸を使うことが大切なんです。

おすすめ石鹸
アンボーテ フェミニーナウォッシュ 3,980円(税抜)

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

大切なデリケートゾーンを洗うなら、成分にとことんこだわったボディソープじゃないと!
このアンボーテは、世界基準のオーガニック認証であるCOSMOSの認証基準をクリアしているんです。

ダマスクローズ水やアロエベラ、キュウリ、ローズヒップ、エーデルワイス…。
さまざまな天然素材を使用し、肌に優しく、潤いを与えながら洗い上げます。
服の中でダメージにさらされているデリケートな部分をケアするように洗ってくれるので、普通のボディソープとはまったく違う洗い心地を楽しめるはず。

香りはローズ&シトラスで、優雅でリラックスしたバスタイムに。

オーガニック成分の石鹸 詳細はこちら

美白クリーム&石鹸でパーフェクトなデリケートゾーンを手に入れよ♪

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、日焼けと同じく「メラニン色素」。
日常生活の中の本当にちょっとしたことが刺激になって黒ずみになってしまうアソコのケアは、毎日続けられることがとても大切なんです。

だからこそ、美白と保湿成分の確かさ、そして続けられる価格であることはとても大切。

今回ご紹介した、編集部が迷いに迷って選んだアイテム「イビサクリーム」と「アンボーテ フェミニーナウォッシュ」。
実は、Wで使ってパーフェクトケアをしても、1万円いかないんです!

長く続けて効果を出していくケアだからこそ、だんだん聞いてくる様子や香りの良さを楽しみながら使って、パーフェクトなデリケートゾーンを目指しましょう!

きれいなデリケートゾーンを保つには?性器の黒ずみを作らない方法

デリケートゾーンはふだん何気なく過ごしているだけで、摩擦や刺激にさらされています。
摩擦や刺激は、黒ずみの原因であるメラニンを生み出します。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニンが分泌され続け、溜まっている状態です。

黒ずみの悪化を防ぐには摩擦と刺激からデリケートゾーンを守って、メラニンを抑えることが基本です。
黒ずみを予防する具体的な方法をご紹介します。

1.正しいムダ毛処理でダメージ最小限に!

デリケートゾーンのムダ毛を処理する時は、肌への負担を最小限に抑えましょう。

カミソリや除毛クリームはカミソリ負けや乾燥から肌荒れを起こしやすく、黒ずみの原因になります。
また、カミソリで処理した毛先は鋭く尖っていて、周辺の肌に刺激を与えてしまいます。

ムダ毛処理には毛先を丸く切ることができるヒートカッターや、刃が肌に直接触れない電動シェーバーがおすすめです。
ヒートカッターでムダ毛を短くしてから電動シェーバーを使うとキレイに仕上がります。

しかし、電気シェーバーやヒートカッターでも頻繁にムダ毛処理を行うことになると、ダメージは大きくなります。

安全でキレイに!VIO脱毛がおすすめ!

エステサロンやクリニックでVIO脱毛をしてしまえば、ムダ毛処理による黒ずみの心配はいりません。

自己流の処理ではすぐに毛が伸びてきてしまうため、処理頻度が上がってしまいます。
VIO脱毛なら、ムダ毛を元から減らして毛穴も引き締めるので、処理頻度を抑えて肌もキレイに仕上がります。

VIO脱毛はツルツルにする以外に、ムダ毛の量や範囲、長さを調節することもできます。 デリケートゾーンの毛量が減るだけでもムレが減って、衛生的に保てます。

2.下着は自然素材を選んで肌の摩擦を防ぐ!

締め付けの強いブラジャーはワキやバストトップの黒ずみの原因になります。
同じく、デリケートゾーンの黒ずみを作ってしまうのはショーツの締め付けと摩擦です。

ポリエステルなどの化学繊維は肌に摩擦や刺激を与えやすい素材です。
滑らかな手触りのコットンやシルクなど、自然素材の下着がおすすめです。

自然素材で選ぶと通気性も高く、陰部の湿度を調節できて、肌のかゆみや臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐ効果もあります。

サイズ・形は体に沿って締め付けないものを

締め付けのないものと言っても、大きすぎるサイズは体が動くたびに大きな摩擦を作ります。
自分の身体のサイズを計っておくなどして、フィットするものを選びましょう。

特に、黒ずみが出来てしまいがちな箇所はゴムがある部分とサイドの縫い目部分。
レース状や平たいタイプの締め付けの無いゴムや紐で結ぶタイプなど、ショーツの形選びも工夫しましょう。

3.スキンケアで肌トラブルを防ぐ!

かゆみや乾燥、肌のトラブルは黒ずみを作る原因です。
デリケートゾーン専用のスキンケアで、肌トラブルを起こさない健康な肌へ導きましょう。

健康な肌の基本は清潔に保つことと、保湿がポイントになります。
清潔を保てていないと、いくらケアしても黒ずみを予防するのは難しいです。

生理中はナプキンをこまめに取り換えたり、トイレットペーパーでゴシゴシ擦らないように日頃から気を配りましょう。

デリケートゾーンを正しく洗う

デリケートゾーンは粘膜が多く、皮膚の薄く敏感な部分です。
市販のボディソープでは肌荒れを起こしてしまうことがあるので、必ず肌に合ったデリケートゾーン専用石鹸を使ってください。

デリケートゾーン用の石鹸やソープをよく泡立て、指の腹を使ってやさしく隅々まで洗います。

陰核、大陰唇、小陰唇には溝や皮膚が重なっており、汚れが溜まりやすくなっているため、特に丁寧に洗いましょう。
膣と肛門の間を通り、最後に肛門まで泡を転がすように洗います。

ゴシゴシ洗ってしまうのは、肌の乾燥やトラブルの原因となるため、力加減には充分注意してください。
洗いすぎはデリケートゾーンに不快感やかゆみを感じる場合もあるため、肌状態に合わせたケアをしましょう。

無添加・低刺激のクリームで保湿

デリケートゾーンを保湿することで、摩擦や刺激から肌を守るバリア機能を高めることができます。
顔用にも使えるくらい保湿力が高く、肌にやさしい専用クリームがオススメ。

敏感肌、アトピー肌、アレルギー体質の方は、念のためパッチテストをしてから使用しましょう。

かゆみを感じているときは専用のかゆみ止め薬でケアしましょう。
ドラッグストアーでも販売されています。

専用クリームで徹底美白できる!

デリケートゾーンに使える美白クリームはイビサクリームです。
黒ずみが出来てしまう前に継続して使うことで、肌の明るさを保って黒ずみを防ぎます。

医薬部外品で無添加、日本製でデリケートな肌にも安心して使えます。
顔用の美白化粧品にも使われている美白成分「グリチルリチン酸2K」で、効果的に美白ケアができます。

4.肌のターンオーバーを整える生活習慣

肌の生まれ変わりであるターンオーバーの滞りで、黒ずみが肌に溜まりやすくなってしまいます。

メラニンは本来古くなった肌細胞とともに、角質となって自然と剥がれ落ちます。
ターンオーバーの乱れによってメラニン色素が溜まり、肌が黒ずんでしまうのです。

生活習慣を見直して、肌のターンオーバーを整えましょう。

バランスの良い食事

ターンオーバーを整えるにはバランスの良い食事で、健康な肌細胞を作ることが必要です。

肉や魚はもちろん、大豆や豆腐から摂れる良質なタンパク質が新しい肌を作ります。
野菜や果物に含まれるビタミンCは、メラニン色素の分泌量を抑えて黒ずみや肌のくすみを防ぎます。

その他、血液と一緒に栄養と酸素を全身に運ぶ鉄分や、皮脂量を調節するビタミンB群、肌のダメージを修復するビタミンAがあります。

良質なタンパク質や豊富なビタミンは肉や野菜から偏りなく摂取することが大切です。

規則正しい生活

不規則な生活による睡眠不足やストレスは肌に悪影響を与えます。

肌のターンオーバーが乱れ、くすみや黒ずみが出来やすくなります。
ストレスや疲労でカンジダ菌が増殖しやすくなり、デリケートゾーンの肌トラブルを招く恐れも。

夜はゆっくりとお風呂に入ったり、睡眠は6時間以上を目安に、毎日の疲れをリセットしましょう。

シャワーだけで済ませている人は、たまにはお風呂に入ってリラックスできる時間をとりましょう。
湯船に入ると血流が良くなりターンオーバーの促進効果があります。

デリケートゾーンの黒ずみケアは全身の健康と美しさのケアにつながります!

脇の黒ずみ解消にオススメクリームはコチラ 詳細コチラ→http://www.nash-soft.com/

PAGE TOP