人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング
> デリケートゾーンの黒ずみ解消法 > Vラインの黒ずみを解消したい人必見!5分で解消方法がまるわかり

Vラインの黒ずみを解消したい人必見!5分で解消方法がまるわかり

Vライン(ビキニライン)の黒ずみは、悩んでいる女性がたくさんいます。
デリケートゾーンの悩みなだけに、他人には相談しにくいだけで、あなたの周りにも黒ずみを解消したい人は多いはずです。

普段は人目に触れることもない場所ですが、夏の水着の時期や、友人との温泉など、イベント時にはどうしても気になってしまいます。
あなたももし気になっているなら、今のうちに少しでも黒ずみ解消に向けて頑張っておきませんか。

Vラインの黒ずみは、ちゃんとケアすることで解消できる肌トラブルです。
では、Vラインの黒ずみを解消するための方法を詳しくご紹介していきましょう。

病院の皮膚科で治す

まず、Vラインの黒ずみは病院の皮膚科で治療する方法があります。
医療機関なら、安全だし確実な治療方針を打ち出してくれそうですよね。

皮膚科ではどんな治療が行われているの?

皮膚科では、もともと「色素沈着(黒ずみ)」の治療が一般的に行われています。
Vラインの黒ずみもこれに該当するので、特別なものではありません。
あまり悩まずに、気軽に受診しに行っても大丈夫です。

それでは、皮膚科に行った場合どんな治療方法になるのか、一般的な例を挙げてみましょう。

ステップ1・診察と処方

まず、一般的には診察のみです。
手術などを行うことはまずありません。
患部を診察した後に、適切な薬を処方するという方針がほとんどです。

ステップ2・外用薬

処方される薬の中に、外用薬が含まれる可能性がかなり高いです。
「ハイドロキノン」という美白作用の強い薬や、「トレチノイン」という肌代謝を高くする薬が処方されます。

ステップ3・内服薬

外用薬と一緒に、内服薬が処方される場合も多いです。
「ビタミンC」や「ビタミンE」などの、体の内側から美白作用のある薬が処方されます。

ホームケアで治す

Vラインの黒ずみは、ホームケアも可能です。

皮膚科での治療方法をみて気付いた人もいるかと思いますが、処方される薬と同じような効能のものが自分でも入手可能です。
もちろん、医療機関での受診が一番安心できますが、通院するのもなかなか大変な一面もあります。
そんなときは、皮膚科と同じような効果のあるクリームなどを使い、自宅でのケアを試みてください。

では、自宅でケアするならどんな方法があるのか、ご紹介していきましょう。

クリーム

皮膚科と同じように、美白効果のあるクリームを使います。
最近では、黒ずみ解消用に専用のクリームもたくさん販売されています。

もちろん、Vラインに使用するならVラインに対応する商品を選んでください。
肌の奥まで浸透し、メラニンの除去効果の高いものを選びましょう。

せっけん

せっけんタイプの黒ずみ解消製品もあります。
価格も手ごろでコスパもいいのですが、クリームほどの効果は期待できません。

表面の角質や汚れを除去するものと考えて、あくまでクリームのサポートとして使用しましょう。

サプリ

皮膚科で処方される内服薬のように、美白効果のある市販のサプリもとり入れていきましょう。
「チョコラBB」や「ハイチオールC」など、ドラッグストアでも簡単に手に入れることができます。

マッサージ

黒ずみを早く解消するために、肌の代謝を促してターンオーバーを促進しましょう。

血行を良くして、代謝を促すにはマッサージが効果的です。
おすすめは「ホホバオイル」を使ってのマッサージ。
乾燥肌にも効果的で、浸透もしやすくマッサージに最適です。

入浴中など、温まった体に温めたオイルを滑らせていきます。
こすったりせずに、やさしく滑らせるようにマッサージしていくのがポイントです。
オイルでの保湿効果も黒ずみには効果的なので、脇やひざなど黒ずみが気になる部分は一緒にマッサージしていきましょう。

Vラインの黒ずみには、ここを気をつける!

皮膚科やホームケアで黒ずみケアを頑張ってみても、黒ずみの原因がVラインを攻撃し続けていては意味がありません。
黒ずみケアの間、黒ずみケアの後も、こんなことに気をつけてください。

下着に気をつける

じつは、Vラインの黒ずみの原因として一番多いのは下着の摩擦なんです。
パンツは、ほとんど一日中Vラインに密着しているものです。
その下着で摩擦が起きていると、肌はメラニン色素を排出し、色素沈着になっていきます。

まずは自分の下着をよく見直して、Vラインに食い込んでいないか確認してください。
そして締め付けがない、少しでも摩擦が少ない下着に切り替えていきましょう。

炎症に気をつける

つぎに黒ずみの原因になりがちなのが、炎症です。
デリケートゾーンは、汗やナプキンなどで非常にムレやすくなっています。
このムレが原因で、かぶれや炎症が起きてしまう場合もあります。

かぶれや炎症も、摩擦と同様に色素沈着になっていくので注意が必要です。
なるべくムレないように気をつけたり、かぶれても絶対に掻かないようにしましょう。
かぶれたり炎症を起こした場合は、すぐに炎症用の薬を塗布するなどの対処をしてください。

セルフ脱毛に気をつける

Vラインをカミソリで自己処理している人が多いようです。
しかし、カミソリでの処理は肌に摩擦を起こし、色素沈着の原因になります。
また、毛抜きでの自己処理も炎症の原因になるのでやめておきましょう。

Vラインの自己処理はなるべくしないようにして、できればサロンなどで脱毛してしまいましょう。

いつでも安心のVラインを手に入れよう

Vラインの黒ずみは、決して解消できないものではありません。
皮膚科でも、ホームケアでも、しっかりとケアしていけばきれいなVラインを取り戻すことができます。

いつでもきれいなVラインにしておいて、どんなイベントでも安心して参加していきたいですね!

PAGE TOP