人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング
> デリケートゾーンの黒ずみ以外のトラブル > デリケートゾーンのかゆみの原因は?対処法とあわせてチェック!

デリケートゾーンのかゆみの原因は?対処法とあわせてチェック!


他人には相談しづらい、デリケートゾーンのかゆみ
仕事や家事の最中も、かゆみが気になって仕方ない…!なんて方もいるのでは?

かゆみの多くは外部刺激などが原因で、ケアによって改善する場合が多いです。
しかし、なかには「ひょっとして何かの病気?」と、アレコレ考えて不安になる人もいます。

そこで今回は、デリケートゾーンのかゆみの原因と対処法をご紹介します。

デリケートゾーンのかゆみの主な原因


デリケートゾーンがかゆくなるパターンには様々ありますが、多くは以下のように、生活習慣や体質などが原因だといわれています。

蒸れ

デリケートゾーンは、汗をかきやすい部分。
下着などで通気性も悪い場所です。
そのため、汗やナプキンなどで蒸れてしまいがち。

特に、下着の上からストッキングやタイツをはくことが多いと更に蒸れやすくなってしまいます。

また、生理用ナプキンやおりものシートを長時間変えないこともかゆみの原因に。

蒸れている状態を長い時間放置すると、経血やおりものが付着し、雑菌も増えやすくなります。
結果、かゆみが生まれてしまうのです。

なお、常にかゆみを感じる方は生理用ナプキンやおりものシートが肌にあっていない可能性もあります。

毛量が多いとさらに蒸れやすくなる

蒸れる一つの原因として、デリケートゾーンの毛の量があります。
汗をためこみやすく、肌ともこすれてしまうため、かゆみが生じてしまうのです。

摩擦によるかぶれ

化学繊維が多く使われている下着の場合、お肌に合わず、かぶれてしまいます。
結果、かゆみがでてしまうことも…。
動作によりこすれることが多いデリケートゾーンは、服の繊維も気にするべき場所なのです。

石鹸やボディソープによる刺激

石鹸やボディソープの成分が肌に合わない場合、かゆみを感じることがあります。
デリケートゾーンは、身体のなかでもとくに皮膚がうすい場所
なるべく刺激の少ない石鹸やボディソープで洗うようにしましょう。

アンダーヘアの自己処理によるカミソリ負け

カミソリは刃が直接肌に触れるため、表面の角質を削り取ってしまいます。
そのため、かゆみや腫れなどの症状があらわれることがあります。

ホルモンバランスの変化

生理中は普段よりも肌が過敏になっています。
そのためかゆみを感じやすい傾向にあります。

また加齢による女性ホルモンの減少が原因の場合も。

30代後半になると、女性ホルモンがだんだんと減少してきます。
そのために膣の潤いも減り、かゆみが出やすくなります。
きちんとデリケートゾーンのケア、特に保湿することをこころがける必要があります。

おりものに異変も?注意すべきデリケートゾーンのかゆみ


デリケートゾーンがかゆくなる原因は、外部刺激やホルモンバランスの変化など非感染性のものがほとんどです。
そのため、過剰に心配する必要はありません。

しかし、以下のように、ウイルス感染などが原因でかゆみを感じることがあります。
「異常にかゆい」「腫れている」「おりものの色がいつもと違う」など少しでも異変を感じたら、早めに病院で診察を受けましょう。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎とは、元々膣内に常在しているカンジダという真菌(カビ)が、異常に増えてしまった状態のことです。

性行為で発症するほか、風邪などで免疫力が低下しているときや、抗生物質を服用している最中にも起こりやすいといわれています。

淋病

性行為が原因で発症する感染症で、デリケートゾーンのかゆみ以外に、おりものの量が増える、においがきつくなるなどの自覚症状があらわれます。

トリコモナス膣炎

トリコモナス膣炎は、性感染症のひとつで「トリコモナス」というミジンコのような原虫が膣内に入りこむことが原因です。

かゆみは比較的軽度ですが、黄色く膿のようなおりものが出るといわれています。

ヘルペス

性器ヘルペスは、かゆみのほか、陰部に小さな水泡ができるため異変に気づきやすいです。

一度感染するとウイルスが死滅することはないため、症状が治まっても再発する可能性があります。
しかし、再発を予防するための治療は可能です。

デリケートゾーンのかゆみの対処法

デリケートゾーンがかゆいからといって、むやみにかいてしまうのはNG。
皮膚のバリア機能がなくなり、雑菌がはいりやすくなってしまうため、デリケートゾーンのニオイの原因になります。

また、かくことによりメラニンが増えて、皮膚が黒ずんでしまうのです…!
そうならないためにも、かゆみ対策をすることは重要です。

具体的にご紹介しましょう。

通気性がよい下着を身に着ける

通気性、吸湿性に優れている下着を身につけましょう。

汗を溜めこみづらいショーツにすることで、ムレからくるかゆみを抑えることができます。

肌に優しい生理用品を選ぶ

使用しているナプキン自体がお肌に合っていない場合、かゆみを感じることがあります。
お肌に優しい繊維を使っているナプキンを選びましょう。
生理中のお肌は特に敏感になっているため、いつもより気を使う必要があります。

生理用品はこまめに替える

生理用のナプキンはあまり汚れていなくても、2~3時間に一回は替えましょう。
長時間使い続けると、雑菌が増殖してかゆみの原因になります。

デリケートゾーン専用石鹸を使う

全身を洗っているボディソープをそのままデリケートゾーンにも使っていませんか?
デリケートゾーンは普通のお肌よりも刺激に弱く、洗いすぎることによって逆に乾燥を引き起こし、かゆみに繋がるケースもあります。

デリケートゾーン用の石鹸はお肌に優しい植物成分を使っている商品がほとんど。
無添加で刺激が少ないのが特徴的です。

黒ずみも同時にケアできる商品も多いため、アソコの悩みが一気に解決するのです。

>>デリケートゾーン専用石鹸について、さらに詳しく知りたい方はコチラ!

薬を塗る

かゆみに効くと人気の市販薬を塗ってみるのが一番手っ取り早い方法です。
ドラックストアでも買えるフェミニーナ軟膏Sはかゆみやかぶれに効くと評判な商品。

それでも、塗り続けていると効き目が悪くなってくることも…これは、耐性ができてしまうため。

一時的におさえることはできますが、かゆみが再発してしまうことがあるようです。
根本的にかゆみの原因を絶たなければいけないのですね。

脱毛する

毛が多いことや、カミソリ負けがかゆみの原因の人は、いっそ脱毛してしまった方が楽です。
ツルツルにすることも、毛量を減らすを減らすことも可能なので試す価値アリ。
VIO脱毛は人気部位でもあるので、お得なプランも数多くありますよ!

デリケートゾーンのかゆみの原因を知って、正しくケアしよう

デリケートゾーンがかゆくなる原因は、蒸れや摩擦、石鹸の刺激などがほとんどです。
そのため、生活習慣を見直すだけで改善できる場合が多いです。
通気性のよい下着や生理用品に替える、デリケートゾーン専用石鹸を使うなど、日頃のケアを見直すことが大切だといえるでしょう。

しかし、かゆみがひどい場合は要注意。
膣炎や性感染症など、婦人科系の病気が原因かもしれません。

そのような場合は早めに治療することが大切なので、すぐに病院を受診しましょう。

PAGE TOP