人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング
> デリケートゾーンのかゆみ解消法 > デリケートゾーンの深刻なかゆみ…解決するには普段のケアを見直して

デリケートゾーンの深刻なかゆみ…解決するには普段のケアを見直して

あまり大きな声では言えないけれど、実はデリケートゾーンのかゆみが気になる…そんな方はいませんか?
湿気がこもりやすく、お肌が敏感なデリケートゾーンがかゆくなってしまうのはある意味当然のこと。
原因は数多くありますが、病気が原因であることもあります。

いずれにしても雑菌が繁殖しやすい場所だからこそ起こる症状。
病院や薬で治すのはもちろんですが、根本からかゆみを無くしたいのなら日常のケアから見直してみましょう!

デリケートゾーンが痒くなる原因

そもそもデリケートゾーンがかゆくなる原因は何でしょう?
主にはムレですが、それ以外にも原因はあります。
順に見ていきましょう。

汗や生理用ナプキンなどによるムレ

デリケートゾーンは汗腺が2つあり、汗をかきやすい部分。
陰部は複雑な構造をしている上に、下着などで通気性も悪い場所です。
そのため、汗やナプキンなどで蒸れてしまいがち。
特に、下着の上からストッキングやタイツをはくことが多いと更に蒸れやすくなってしまいます。
蒸れることでかゆみやニオイといったトラブルの原因になるのです。

また、生理用ナプキンやおりものシートを長時間変えないこともかゆみの原因に。
蒸れている状態を長い時間放置すると、経血やおりものが付着し、雑菌も増えやすくなります。
結果、かゆみが生まれてしまうのです。

常にかゆみを感じる方は生理用ナプキンやおりものシートが肌にあっていない可能性もあります。

下着が肌に合わずにかぶれている

化学繊維が多く使われている下着の場合、お肌に合わず、かぶれてしまいます。
結果、かゆみがでてしまうことも…。
動作によりこすれることが多いデリケートゾーンは、服の繊維も気にするべき場所なのです。

生理で肌が敏感になっている

生理ナプキンなどにより、ムレやすくなる期間。
さらに、生理中はお肌自体がいつもよりも敏感です。
刺激を与えないように心掛けることが大切です。

デリケートゾーンの毛が濃い

蒸れる一つの原因として、デリケートゾーンの毛の量があります。
汗をためこみやすく、肌ともこすれてしまうため、かゆみが生じてしまうのです。
下着を変えても通気性をよくしてもかゆかったら毛が原因かも?

免疫力の低下

病気やストレスなど、免疫力が落ちている状態の場合、少しの傷でも細菌が繁殖しやすくなります。
その結果、傷を治そうとしてかゆみが生じることが。
カミソリなどでデリケートゾーンのムダ毛のお手入れをしている方などは要注意です。

加齢による女性ホルモンの減少

30代後半になると、女性ホルモンがだんだんと減少してきます。
そのために膣の潤いも減り、かゆみが出てしまったり膣炎になりやすくなってしまいます。
きちんとデリケートゾーンのケア、特に保湿することをこころがける必要があります。

カンジダ膣炎

かゆみが深刻な場合は、カンジダ膣炎である可能性が高いです。
性交渉をしていなくてもカンジタ膣炎は発症する恐れがあります。
場合によっては痛みも伴うことも…。
次項目で詳しく説明しましょう。

普通のかゆみじゃなかったらカンジダ膣炎かも

市販薬も塗っているし、下着が肌にあっていないわけではないのに猛烈にかゆい場合は感染症を疑いましょう。
カンジタ膣炎は猛烈なかゆみとおりものの状態で判別することができます。

そもそもカンジダ膣炎って何?

カンジダ膣炎とは性感染症で、性病とは違い、性行為がなくても発症することが特徴です。
元々膣内に常在しているカンジダという真菌(カビ)が、異常に増えてしまった状態のこと。

膣カンジダは免疫力が落ちることでかかりやすくなってしまう病気です。
妊婦さんや風邪をひいてしまったときなどに発症するのはよくあるケース。
多くの女性が経験する病気ですので、しっかり治療すれば治ります。

要チェック!こんな症状があったら病院へ

  • 腫れとかゆみがひどいとき
  • 市販薬を塗ってもかゆみがおさまらない時
  • 不正出血があった時
  • おりものの性状がおかしいとき

上記のような症状があった場合、膣カンシダである可能性が高いです。
膣カンジダの場合、おりものは粥状だったり、ヨーグルト状で、白濁、黄緑色のことが多いです。
通常のおりものと違うと感じたら感染を疑いましょう。
また、進行が進んでいる状態だと患部がただれてしまい、出血することもあります。

おりものが別の色だったら違う病気かも

膣カンジダはかゆみと痛みが伴う病気ですが、おりものの色が違う場合は別の病気の可能性があります。
黄緑色のおりもので、泡沫状、粘性の場合はトリコモナス膣炎の可能性。
灰色のようで、水っぽいおりものがでてきた場合、細菌性腟症(非特異性腟炎)の可能性があります。
おりものの色や性状がいつもと違う!と感じたら病院にいくことをおすすめします。

症状があてはまったら婦人科へ

カンジダ膣炎は再発しやすい病気。
病院へいき、専門家にしっかり治療してもらいましょう。

また、婦人科に行っても治らない、外陰部のかゆみが治まらないのであれば、皮膚科にいくのもアリ。
婦人科と皮膚科では薬の処方できるものが違うこともあるので、婦人科で治らない場合は皮膚科にも足を運んでみましょう。

デリケートゾーンのかゆみを解消する方法は?

膣カンジダではない場合は、自力で治すことが多いでしょう。
デリケートゾーンのかゆみは深刻です。

かゆいことがつらいのはもちろん、むやみにかいてしまうのはもっとNG。
皮膚のバリア機能がなくなり、雑菌がはいりやすくなってしまうため、デリケートゾーンのニオイの原因になります。
また、かくことによりメラニンが増えて、皮膚の黒ずみが悪化してしまうのです…!
そうならないためにも、かゆみ対策をすることは重要なのです。

具体的にご紹介しましょう。

通気性の良い下着を身に着ける

通気性、吸湿性に優れているのは綿素材のもの。
汗を溜めこみづらいショーツにすることで、ムレからくるかゆみを抑えることができます。
また、雑菌の繁殖を防ぐため、汚れてしまったショーツはこまめに替えましょう。

肌に優しいナプキンを選ぶ

こまめに生理用ナプキンを変えてもかゆみが治まらない場合は、使用しているナプキン自体がお肌に合っていないということも。
お肌に優しい繊維を使っているナプキンを選びましょう。
生理中のお肌は特に敏感になっているため、いつもより気を使う必要があります。

脱毛する

毛が多いということがかゆみの原因の人は、いっそ脱毛してしまった方が楽です。
ツルツルにすることも、毛量を減らすを減らすことも可能なので、毛量が多いと感じる方は試す価値アリ。
VIO脱毛は人気部位でもあるので、お得なプランも数多くありますよ!

ストレスを溜めない

抵抗力を保つためにも、ストレスをためないことは大切です。
デリケートゾーンのかゆみはもちろんですが、他の肌トラブルの大きな原因の1つでもあるので、うまくストレス発散していくことを意識しましょう。

薬を塗る

かゆみに効くと人気の市販薬を塗ってみるのが一番手っ取り早い方法です。
ドラックストアでも買えるフェミニーナ軟膏Sはかゆみやかぶれに効くと評判な商品。
それでも、塗り続けていると効き目が悪くなってくることも…これは、耐性ができてしまうため。

一時的におさえることはできますが、かゆみが再発してしまうことがあるようです。
根本的にかゆみの原因を絶たなければいけないのですね。

専用石鹸でデリケートゾーンを洗う

デリケートゾーンを清潔にすることで、かゆみの原因となる雑菌の繁殖を抑えることができます。
そのため、デリケートゾーンはしっかり洗うことが大切です。
毎日のケアでかゆみがなくなった!という人も多くいますよ。
次で詳しく解説しましょう。

かゆみを根本的に解決するならデリケートゾーンを清潔に保つこと!

薬を常用するのもかゆみを解決する方法ですが、根本からかゆみをなくしたいのであればデリケートゾーンを清潔にすることを意識しましょう。
もちろん、下着がよごれたらかえるというのも大切です。

しかし、清潔に保つのならばやはり「洗う」ことが一番!
毎日のデリケートゾーンのケア方法を見直してみましょう。

かゆみの原因は雑菌、増やさない対策は「よく洗う」

デリケートゾーンは毎日洗っていますか?
かゆみの原因は何度も繰り返してきた通り、雑菌です。
雑菌を増やさないためには洗うことが大切です。

毎日のバスタイムに、デリケートゾーンをしっかり洗っていますか?
敏感な部分なので、お湯で洗い流すのも十分アリですが、石鹸で洗うほうがより清潔にすることができます。

普通のボディソープ、デリケートゾーンには刺激が強い

毎日きちんと洗っている、という方!
全身を洗っているボディソープをそのままデリケートゾーンにも使っていませんか?
デリケートゾーンは普通のお肌よりも刺激に弱く、洗いすぎることによって逆に乾燥を引き起こし、かゆみに繋がるケースもあります。

そのため、洗いすぎないということも大切です。
じゃあ何で洗えばいいの?とお悩みの方!
実はデリケートゾーン専用の石鹸があるんですよ。

デリケートゾーン専用石鹸なら刺激も少なく、かゆみに効果的!

デリケートゾーン用の石鹸はお肌に優しい植物成分を使っている商品がほとんど。
無添加で刺激が少ないのが特徴的です。
デリケートゾーンにもしっかり使えるからかゆみに効くと大人気!
黒ずみも同時にケアできる商品も多いため、アソコの悩みが一気に解決するのです。

おすすめのデリケートゾーン専用石鹸は?

刺激に弱いデリケートゾーンのために、今回は無添加に特にこだわっている人気の専用石鹸やボディソープをご紹介します。
自分の好きなタイプで選んでくださいね。

ジャムウ・ハーバルソープ

固形石鹸が良い人はLCラブコスメのジャムウ・ハーバルソープがおすすめ。
デリケートゾーンのお手入れグッズの中でもジャムウ・ハーバルソープは人気の商品です。
ハーブや天然材料を使っていてお肌に優しいのはもちろん、防腐剤やパラペン、界面活性剤も使っていないので、刺激が少ないことが特徴です。

日本人肌用に作られた石鹸なので、効果も抜群。
特別価格で1895円(税別)と、意外とプチプラなのも人気のヒミツです。

ロンタルハーバルジェルソープ

ジェル型のボディソープがいい人ならロンタルハーバルジェルソープ。
前の項目でご紹介したジャムウ・ハーバルソープに+して、ミョウバンや柿タンニンなど、消臭成分を配合しているジェルです。
天然ハーブを中心とし、敏感肌でも使えるようにノンケミカルにこだわっています。

また、ジェルの主成分は水で出来ているため、お肌が荒れたりする心配もナシ!
美容クリームと石鹸のいいところを集めたようなジェルです。
しっかり洗ってもダメージレスだからかゆみにも効きますよ。

デザインもおしゃれでデリケートゾーンのケア用品だとわからないので、家族や彼に見られても大丈夫。
持ち運びがしやすいチューブタイプだということもメリットですね。

ロンタルは2本セットからの注文で割引が可能!
1本は2376円ですが、2本セットだと20%OFFになるのプラス、送料が無料になります。
また、4本セットになると32%OFFにアップ!
まとめ買いをしてお得にかゆみを無くしましょう!

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

ボディーソープ型のケア用品を探している人にはアンボーテがおすすめ。
花々のエキスが詰まっていて、ローズとシトラスの香りも良いのが嬉しいポイントです。
また、パッケージもオシャレにこだわっているため、バスルームに置いておいても大丈夫。

ヨーロッパで作られたオーガニックコスメの統一基準『COSMOS』をクリアし、95%以上がオーガニック成分でできています。
洗うことで保湿効果があるフェミニーナウォッシュは、デリケートゾーンを清潔にしつつ、洗いすぎによる乾燥も防いでくれる優れもの。

定期コースでの申し込みで、通常価格5,980円から33%OFFの3,980円(+税&送料)に。
全身にも使えるので、乾燥が気になる人は特に試してみる価値アリ。

アソコのかゆみ、繰り返さないためには石鹸で洗ってケアしよう

すぐにかゆみを収めたいときはフェミニーナ軟膏のような薬を塗ることが効果的です。
また、日常から汚れたら下着をかえる、蒸れないように工夫する努力は必要です。
もちろん、感染症の場合はきちんと病院にいきましょうね。

しかし、毎日薬を塗っても、感染症が治っても、同じことを繰り返していてはかゆみは消えません。
根本的にかゆみをなくしたいのであれば、デリケートゾーンのお手入れをしっかり行うこと。
けれど普通のボディーソープではデリケートゾーンには刺激的です。
専用石鹸で特別なケアをしてあげることで、かゆみは解消されるでしょう。
毎日のお手入れを少しだけ変えてみて、デリケートゾーンのかゆみをなくしましょう!

PAGE TOP