人に聞けないデリケートゾーンの黒ずみケア 黒ずみ解消美白クリームランキング
> デリケートゾーンの基礎知識 > デリケートゾーンの黒ずみをケアするには?

デリケートゾーンの黒ずみをケアするには?

デリケートゾーンの黒ずみは、部位が部位だけに人にも相談しにくく、悩みを一人で抱えてしまいがちです。
ここでは、デリケートゾーンの黒ずみのケア方法について、詳しく解説します。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、摩擦によるダメージやターンオーバーの乱れなどであるといわれています。
デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因についてお伝えします。

下着や生理用品による摩擦

 
デリケートゾーンは、常に下着や生理用品などと接触している部位です。
そのため摩擦による刺激を受けやすい部位であるともいえます。
肌には繰り返し摩擦などによる刺激を受ける部分にメラニン色素を出すことで皮膚を守ろうとする作用があるため、下着や生理用品などによる摩擦刺激が原因で黒ずみが発生しやすくなります。

カミソリによる自己処理

 
カミソリは薬局などでも手軽に購入することができるムダ毛処理の道具であることもあり、日頃からカミソリを使ってムダ毛の処理を行っている方は多いことでしょう。
しかし、肌に直接カミソリの刃を当ててムダ毛を剃るということは、毛と一緒に肌の表面を削り取っているのと同じです。
下着や生理用品による刺激でデリケートゾーンの黒ずみが発生するのと同じように、カミソリで肌にダメージを与えていると、肌の防御反応として黒ずみが生じてしまいやすくなります。

ターンオーバーの乱れ

下着との摩擦やカミソリなどからの刺激でデリケートゾーンが黒ずんでしまっても、肌の新陳代謝がうまくいっていれば、黒くなった部分の皮膚はやがて古くなってはがれ落ち、新しい皮膚が内側から出てきます。
この一連の皮膚の代謝を「ターンオーバー」といいます。
しかし、睡眠不足や栄養不足、加齢などのさまざまな要因が重なるとターンオーバーのサイクルが乱れ、なかなか黒ずんでしまった部分が排出されなくなります。
黒くなってしまった部分が皮膚の表面に残ることで色素沈着が発生しやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法

 
デリケートゾーンの黒ずみには、石鹸やクリームなどのケアグッズを使ったり、生活習慣を工夫したりすることが効果的です。
デリケートゾーンの黒ずみのケア方法について解説します。

臭い対策にも!デリケートゾーン専用石鹸

 
デリケートゾーンの黒ずみ対策には、専用の石鹸を使用する方法があります。
デリケートゾーンのケアのために作られた石鹸には、黒くなってしまった古い角質を洗い落とすピーリング成分や、メラニン色素のはたらきを抑制する成分、雑菌の繁殖を抑える殺菌成分などが含まれています。
ピーリング成分が対策に効果的であることは言うまでもありませんが、これに加え、殺菌成分で皮膚を清潔に保つことでデリケートゾーンの肌トラブルを防ぎ、ターンオーバーを正常化させる効果も期待できます。

デリケートゾーン用の専用石鹸を選ぶ際は、ピーリング成分や殺菌成分に加え、保湿成分が含まれているかを確認することが大切です。
ピーリング成分や殺菌成分だけでは皮膚の乾燥を招き、新たな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
デリケートゾーンの皮膚にうるおいを与えてくれる、肌に優しい商品を選ぶようにしましょう。
 

使い方

デリケートゾーン専用石鹸の使い方には、ポイントがあります。
それは、ゴシゴシと強くこすらないことです。
前述の通り、デリケートゾーンの黒ずみは摩擦や皮膚へのダメージによって発生します。
力任せにゴシゴシとこすらず、よく泡立てた泡でやさしく包み込むように洗いましょう。
泡立てた泡をデリケートゾーンに塗ってしばらく置く、泡パックなども効果的です。
  

おすすめのデリケートゾーン専用石鹸

・イビサソープ
イビサソープは、殺菌成分や保湿成分が豊富に含まれたデリケートゾーン用石鹸です。
臭いや肌トラブルの原因となる雑菌を除去し、保湿成分でうるおいを与えてくれます。
これに加え、美白成分であるビタミンC誘導体も含まれているため、黒ずみの解消効果も期待できます。
最初から泡状で出てくるパッケージで、使い勝手も抜群です。
価格は4000円前後とされている場合が多いようです。

・ジャムウハーバルソープ
ジャムウハーバルソープには合成界面活性剤などが使われておらず、ほぼ植物由来の安心な成分だけで作られています。
殺菌・消臭効果が期待できるカミツレやミョウバンなどの成分の他、美白効果があるとされる甘草エキスやアロエベラエキスといった成分も含まれているので、デリケートゾーンの黒ずみ対策にもぴったりです。
肌にやさしい成分でできているので、肌が弱い方でも使用できる可能性が高いと考えられまず。
価格は、購入する通販サイトにもよりますが、公式サイトでは2000円以下で購入可能です。

黒ずみケアのクリーム

 
黒ずみケア用品には、石鹸だけでなくクリームなどもあります。
美白成分や保湿成分などが配合されたクリームで、デリケートゾーンの黒ずみの改善が期待できます。

黒ずみケアのクリームを選ぶ際は、石鹸を選ぶときと同じく、配合されている成分に気をつけることが大切です。
美白成分や保湿成分が含まれていることはもちろん、デリケートな部分に使用するものですので、できるだけ低刺激で、添加物が少ない物を選ぶようにしましょう。
  

使い方

 
黒ずみケアのクリームの使い方は、黒ずみが気になる部分に塗り広げるだけです。
摩擦に弱いデリケートな部分ですので、強くこすったりせず、やさしく塗るようにしましょう。
IラインやOラインの毛を処理しておくとより塗り広げやすくなります。
 

黒ずみケアでおすすめのクリーム

  
・イビサクリーム
イビサクリームには、美白成分として有名な「トラネキサム酸」が含まれています。
トラネキサム酸にはメラニンの生成を抑えるはたらきがあるので、黒ずみの改善効果も期待できます。
また、炎症を抑えるはたらきのある「グリチルリチン酸2K」も含まれているため、肌トラブルを防ぎ、肌のターンオーバーが滞るのをふせぎます。
価格は1本5000円程度である場合が多いです。

・ホスピピュア
ホスピピュアは、湘南美容外科と共同開発された、黒ずみケア用のクリームです。
元は乳首の黒ずみ用のクリームですが、デリケートゾーンの黒ずみ対策に使用している方も多い商品として知られています。
こちらもイビサクリームと同じくトラネキサム酸が配合されている他、スクワランなどの保湿成分や植物由来の天然成分が豊富に含まれています。
価格は1万円前後ですが、キャンペーンなどで5000円~6000円程度で手に入る場合も多いです。

通気性の良い下着や衣服を身に着ける

石鹸やクリームなどによるケア以外にも、日頃からデリケートゾーンへの刺激や蒸れを少なくする工夫をするとよいでしょう。
外出時は仕方がありませんが、家にいるときはスキニーパンツのような締め付けの強い衣服は避け、通気性のよい服装を心がけることをおすすめします。
できるだけ下着もタイトなものは避け、ボクサーパンツのようなデリケートゾーンへの摩擦が少ないものを選びましょう。

生理用品は肌に優しい素材を選ぶ

 
紙製の生理用品は使ってすぐ捨てることができるので便利ですが、デリケートゾーンの皮膚がこすれてしまい、黒ずみ以外にもかゆみや発疹などの肌トラブルを引き起こしてしまいやすいというデメリットもあります。
思い切って肌への刺激が少ないコットン100%の布ナプキンに切り替えてしまうのもひとつの方法です。

皮膚科でレーザー照射する

 
衣服・生理用品の工夫や、石鹸・クリームによるセルフケアで黒ずみの改善がみられなかった場合は、美容皮膚科などでレーザー照射の施術を受けるという方法もあります。
シミやホクロなどの治療と同様に色素の沈着をレーザーで除去することは可能ですが、かなり高額な費用が必要になってしまう場合もありますので、レーザー照射に踏み切る前に費用面のことなどをきちんと確認しておきましょう。

脱毛してカミソリの自己処理をやめる

カミソリによる刺激が黒ずみの原因になってしまっている場合は、クリニックやエステサロンなどで脱毛してしまうこともひとつの方法です。
カミソリが肌に触れてダメージを与えることがなくなることで黒ずみの改善が期待できます。
ただし、こちらもレーザー照射と同様に費用が高額になることが想定されますので、しっかりと施術内容などを確認して決めることが大切です。

黒ずみ対策はまずセルフケアを

デリケートゾーンの黒ずみは、改善までに長い時間が必要な場合も多いです。
衣服の工夫や石鹸・クリームなどでのケアを根気よく続け、改善を目指しましょう。

PAGE TOP